資産の増減について(2022年6月)とつみたてNISAの状況(29ヶ月目)

月報告
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

かば旦那(@kaba_danna)です。

2020年に1年間で80万円程度資産が減ったことから、将来のライフイベントに備えて、資産の増加を目的としています。昨年2021年は 年100万円の増加を目標とし、目標を達成しました。今年の目標は引き続き年100万円の増加を目指しています。詳細については「我が家の家計戦略(2022年版)」をご覧ください。

また、我が家では、月末や月初にクレジットカードの引き落としがあるため、クレジットカードの引き落としの残高不足を防ぐためにも月の中旬に資産確認をしています。今回は2022年5月の資産の増減について状況とつみたてNISAの状況について書きたいと思います。

スポンサーリンク

2022年6月の資産の増減について

先月との比較

先月中旬時点と今月中旬時点での資産額の差は378,143円でした。

今月はプラスになりました。これは集計時点(6/11時点)では株価指数が少し回復しており、また、円安も進行しているため、大きく上がっています。この記事を書いている6/19では株価指数が大きく下がっています(集計はしていませんが。。。)。

とりあえず株価が下がれば、安く株を変えるので、入金力を維持しながら我慢することが大事だと思っています。

前年同月との比較

前年6月と今年6月の資産額の差は約+191万円でした。

年間100万円のプラスを維持できました!!

かば旦那
かば旦那

100万円プラスを維持!

現金と証券の比率

現在の現金と証券の割合は下のグラフの通り、現金:証券=37:63です。
最終的な目標としては現金:証券=50:50を目指したいと考えています。

先月の 現金:証券=36.9:63.1と比較すると、株式指数の下落により、少し現金の比率があがりました。証券が多いので、今後は当面の間つみたてNISA以外は預金に回していこうと思っています。

つみたてNISAの状況

つみたてNISAについては「老後資金や教育資金のためのつみたてNISAを利用した資産形成
という記事を書いていますので、ご覧ください。

SBI証券の積立投資を始めるならこちら

SBI証券[旧イー・トレード証券]

まず、我が家が目標としているつみたてNISAの資産配分は以下のグラフの通りです。つみたてNISAでは債券の投資信託を直接購入することはできないのですが、我が家ではバランスファンドを組み合わせて、債券を組み入れる方針としています。まず、我が家が目標としているつみたてNISAの資産配分は以下のグラフの通りです。

ちなみに購入銘柄は以下のとおりです。

  • SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
  • 楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
  • ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)

そして、我が家の6月現在のつみたてNISAの資産配分は以下のグラフの通りです。

上の目標の資産配分のグラフと比較するとおおむね目標の資産配分と同じなっています。また、2022年5月と比較して株式の割合が増え、債券の割合が減っています。集計時の6/11では上記のグラフの状況ですが、現在この記事を書いている時点では、株式指数が大きく下がっているため、割合は大きく変わっている可能性が高いです。

ちなみに先月時点でのつみたてNISAのみの現在の含み益は約12%のプラスでした。今月(6/11時点)は約17%プラスとなり、含み益は増加しました。株式指数が上昇し、その影響がありました。

株価はこれからも下がりそうなので、がまんの時期が続きそうです。つみたてNISAについては淡々と積立てていきたいと思っています。

かば旦那
かば旦那

まだ下がりそうだから、がまんがまん!!

2022年6月の資産の増減とつみたてNISAの状況まとめ

今回は2022年6月の資産の増減つみたてNISAの状況について書きました。

先月と比較すると資産は増加、前年の同月と比較すると、資産は増加という結果になりました。前年の同月と比較して年100万円増加を維持できました。つみたてNISAの含み益の割合も12%から17%に増加しました。株式指数が上がったことが原因です。

株式指数は上がったり下がったりしながら、徐々に下がっている傾向なので、がまんの時期が続きそうです。とにかく引き続き積立てを継続していこうと思います。

ではでは。。。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

コメント